May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 印鑑作成 | Main | キューティー・ブロンド »

南の作用

南を悪く採ると、名誉を失い、大事な人と離別します。
病気としては頭部の病気、血圧関係、目、歯の病気になります。

採った方位の効応期というものがあって、その月を1ヶ月目として、4ヶ月目、7ヶ月目、10ヶ月目、12ヶ月目、13ヶ月目と節目があります。
またその方位に自分の気が回座するとき、その気に同会・被同会するとき、採った気が中宮するときも大きく影響します。

私は今年(2004年)の2月にサイパンに南の方位取りに行きました。
回座していたのは六白です。
4ヶ月目である5月節、私の二黒が南に回座する6月節、そして六白が中宮する7月節、7ヶ月目である8月節と効応期が続きます。

効果の中に不要なものとの「離」の作用があります。
現在の仕事との離別は良いチャンスと思えます。
チャンスの神様は前髪しか持っていませんから逃さないようにゲットしていきたいと思います。
そして今の会社での縁は大事にしていきたいですね。

/ふうちん

南は名誉の方位なので、実利ではなく名誉が欲しいときは使います。
また勘も冴えるので、研究職、占い師などにもとても必要な方位です。

二黒さんと六白さんはなぜかこの南は9年のうち4年も採ることができます。
(五黄さんは別ね)
いい意味でにぶちんである二黒さんと六白さんは勘働きが良くなる必要があるのです(苦笑)

当然勉強もよくできるようになる方位ですから、受験生は月だけでも南を採る必要があります。
長女のつぶやきでも書きましたが、記憶力も良くなりますから、試験の成績が楽しみになります。

« 印鑑作成 | Main | キューティー・ブロンド »

気学の基本記事」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27930/864288

Listed below are links to weblogs that reference 南の作用:

« 印鑑作成 | Main | キューティー・ブロンド »