November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 今日は社内の講演会 | Main | 自分への課題 »

桑田投手の捻挫を考える

海外にアスリートたちが移籍するたびに方位を考える気学者たちなので、それこをメルカトル法で観るかランベルト法で観るかということも考えながらの考察になります。

私が使うメルカトルではアメリカはほとんどが東になります。ランベルトを使う人たちにはほとんど艮(東北)になりますよね。

実は二黒の松阪が1月節に渡米したことの方を憂慮しているのですが、本拠地にずっといることも少ないし、今までアメリカに転勤した友人たちには、移転後の会社への通勤方位で吉方になるように指導していたので、まあそれはそれで。

桑田投手は平成19年度になってすぐの2/5にオーストラリアに行ってから米国入りしています。これは南を使って艮に向かって出発したはず。(ランベルトでは違う見方をするなら是非教えてください)生年月日は1968年4月1日で本命五黄土性です。数日の滞在なら対極の移動としては東。五黄さんには年月で大吉となる。しかし出発時間のみで占う奇門遁甲ではどうなんでしょう?

東とみて、2か月目の今捻挫したなら弱いところが瞑眩反応(めんげんはんのう)として出たのか?東の効能は3か月目の4月節、線路の哲理で5月節、8月節、11月節、五黄と採った九紫の同会、被同会で、6月節、7月節。…それは多すぎるって(苦笑)もし成績で結果が残せなくても発言力とかスター性を増して戻ってくるなら行った効果あり。メルカトルでね(笑)引退につながるとは思いませんが。

次の動向を見守りたいと思います。

/ふうちん

« 今日は社内の講演会 | Main | 自分への課題 »

気学鑑定」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27930/14436116

Listed below are links to weblogs that reference 桑田投手の捻挫を考える:

« 今日は社内の講演会 | Main | 自分への課題 »