November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 採り辛さと強み | Main | 久しぶりにダンスに »

方位の出し方について

かつて Nifty の占いフォーラムでお世話になった北斗柄さんの日記に、方位についての記述がアップ
されていたのでご紹介を。
http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20080215

平山先生の気学ではここでいう等角航路(地図ではメルカトル法)を採用しています。
他の気学では多くが大圏航路(地図ではランベルト法)であることも認識していますが、私の中では比較的
早い時期に等角航路で納得してしまったので変更はありません。

ただホノルルの位置は自分の中ではかなり微妙で、そこだけ東として観ていたので両方の数字が出ると納得。
東京に住んでいる間はやっぱりハワイに行くならハワイ島のみ巽で行こうっと。

2008/2/24 追記
ランベルト正積方位図法を使用している流派では上記の大圏航路のベクトルの平均ではなく、出発時のベクトルのみを使用してします。
なのでアメリカは東北であり、ヨーロッパは西北とのことなのですが、そうすると戻ってくる方位は、東北のアメリカからは西北、西北のヨーロッパからは東北に戻ることになります。
以前 ffortune.net の Lumi さんが簡単な方位を割り出すプログラムを作られた際にも議論になりました。

2008/2/26 追記
北斗柄さん、ご指摘ありがとうございます。
確かに 2/24 の内容は正距離方位図法ですね。
訂正させていただきます。

/ふうちん

« 採り辛さと強み | Main | 久しぶりにダンスに »

気学の基本記事」カテゴリの記事

Comments

>ランベルト正積方位図法
ではなくて、正距方位図法ではないでしょうか。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27930/40168356

Listed below are links to weblogs that reference 方位の出し方について:

« 採り辛さと強み | Main | 久しぶりにダンスに »