November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

次女の成績が上がった

塾に入れて気学でいうところの4ヵ月目。
取った方位が艮だし、線路の哲理もあり、結果が出やすい月です。
結果は中間考査の時より8科目の平均が18点上昇です!

今まで学校の成績は下から10%以内という悲惨なところからずっと抜け出せずにいた彼女。
まだ成績分布表が来てないけど、いくらなんでも順位は飛躍的に上がったはず。
成績表をもらうのが楽しみって嬉しいですよね。

塾ではすでに冬期講習が始まっています。
理系なので、男の子ばかりに次女だけって講座もあったみたい。
通常授業を受けてない分、冬期講習は目一杯受講させているので彼女はバイトもできずに塾と学校のクラブ活動とバレエのみ。
それでも頑張っている次女を応援しています。

さて、頑張って働くか!

/ふうちん

日で本命殺と月で暗剣殺を取って

月曜日の仕事はうまく行きました。
久しぶりのプレゼンで50人の前で発表して手応えもあり、気分良く戻ってきました。

ところが!
帰りの電車で上司から電話。
すごくいやな予感がしました。
結局夜10時半に翌日朝イチに岐阜に行くことが決定。

日帰りのはずが、伊達に西は月が九紫暗剣、日が本命ではありませんでした。
結局二泊。
しかも私が出したレポートはまったく無視され、来週からの体制がかなり変わりました。
これで誰か辞めても私は止められない、ってくらい。
自分の無力さに涙が止まらない今夜です。

/ふうちん@来週からの岐阜、行きたくないです。

Continue reading "日で本命殺と月で暗剣殺を取って" »

2008年の方位取り 11月節の終わりの段階で

今年の二黒さんは東と坤のみ。

坤は 7 月節、9 月節、10 月節がチャンスだったわけですが、いかんせん長期出張で太極が移動していたように思いまして、7 月は使わず。
9 月節、10 月節に箱根に泊まり、10 月節から小田原での次元層取りを開始しました。
ついでに今の会社で二つ目の案件が静岡県の富士市なので、10 月節から毎月ミーティングに参加しています。
そこには朝から行ってほぼ一日そこで過ごしています。
初回は日も合っていましたので本当に自分用の案件だなとしみじみ(笑)
東のチャンスは 2 月節、8 月節、11 月節だったところ、2 月節から 3 年ぶりのバレエ教室復帰。
(ついでに次女(月命九紫)も 4 月節から復帰)
8 月節の終わりに岐阜から戻り、通っている東京分室がたぶん東。
11 月節に渋谷と近場ながらも三つ目の案件が入ったので通っています。
この現場は近すぎるので初日は日時も合わせて入りました。

仕事はどの案件ともだいたい順調です。

4 月に退職した後、箱根の九頭龍神社や、GW にお参りした清水寺でもお願いした「どうにか職に就かせて、生活させてください!」っていうあたりは聞き届けていただいたような状況です。

岐阜の時はごたごたしていた娘たちも落ち着いて、平和といえば平和です。お金がぎりぎりのところで回しているという事実を除いては(爆)

やっぱり基本の散歩でもして、今後のことを考えるようにしないと。
ということで、12 月節は 4 km 以内の乾と巽を予定しています。

/ふうちん

「幸せになるゾウ」を読んで「成功」について考えてみました

遅ればせながら「幸せになるゾウ」を読みまして。
本がベストセラーになっていることは良く知っていました。
岐阜の現場のそばにある本屋さんで、面白い表紙だなぁと。
でも手に取ってなかったんです。

岐阜に出張に行っていたときに単発の方のドラマを見て「おもしろい!」と思い、
内容を娘たちに語ったら、娘たちからは「何それ?」と笑われながらも、やっぱり本を買い
(実は反対された)時々さぼりつつ、でも実質三日くらいで読み終わりました。

面白かったです。(きっぱり!)

大阪弁のガネーシャはついついドラマと重なり、読み進めるのは楽しかったですね。

今まで私はというと、フランクリン・コヴィーの手帳を毎年購入し、成功哲学とか、自己啓発だとか
マネージャトレーニングや友人たちとの話など多く見聞きしてきました。

すべては成功するイメージをして実行したもん勝ちとあります。

Continue reading "「幸せになるゾウ」を読んで「成功」について考えてみました" »

« November 2008 | Main | January 2009 »