November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« October 2012 | Main | December 2012 »

November 2012

西)出雲~鳥取の旅 その6

11月12日、4日目です。

気学で良い方位(祐気方位)を使った旅行では4泊以上が基本です。
次元層取りと言って毎月通う場合の初日は2泊3日が推奨ですが、私は旅行で4泊、次元層取りでは年月日まで合わせたらなるべく12時間以上になるように行っています。

で、翌日は帰京のために使うので観光としては最終日。
午前中はT子も私も別行動のまま。
お昼にカレーなんぞ作ってのんびりしていました。
午後からの動きでは遠くには行けません。

それに、前日まんが博会場で一気読みした谷口ジローさんの「遥かな町へ」の舞台に行かなくては!です。
倉吉市の観光協会のHPにも案内があります。

http://www.apionet.or.jp/kankou/html/tour1.htm

ということで、地元民のくせに初めてのお出かけですsun
旅行前にはT子が探してくれて、10/6~11/25の土日まで実施されていた倉吉絣でまち歩きに参加するつもりでしたが直前の申し込みではすでに埋まっていて。
ぜひ倉吉へおでかけの際は先にHPでチェックして予約してみてください。

倉吉市役所の上にある観光駐車場に車を止めて(鳥取ナンバーなのにねw)
倉吉白壁土蔵群・赤瓦観光案内所へ。
T子がしっかり観光案内をゲット。
私たちはスタンダードコースを選択しました。

http://www.apionet.or.jp/kankou/html/course%20map/course_basic.html

最初に行ったのは大岳院。
妹の嫁ぎ先が材木を提供したご縁で、住職さん(高校時代の現国の先生とも言う)とはFacebookでお友達です♪
当日は不在だった模様。
松が立派です。

Ncm_0352

次は景色を楽しむべく、玉川を泳ぐ鯉たちと研屋町の標

Ncm_0353_2

Ncm_0354

赤瓦一号館では、再度来ることを想定してお土産を物色。

Ncm_0355

Ncm_0356

と、ここまではスタンダードコース通りだったけど、マップに高田酒造の文字を確認して目がきらりんと輝く私annoy
弁天参道から弁天様をお参りして高田酒造ではお酒プリンをいただきました。

Ncm_0357

Ncm_0358

高田酒造で懐かしいたい焼き屋さんへの行き方(逆方向なのでわからなかったという^^;)を教えてもらって
再度大岳院方向へ行って手前を左に曲がり、玉川を超えたところにある懐かしい米澤たい焼き店へ。

Ncm_0359

もうお腹いっぱいといいつつ、赤瓦一号館で試食する私たち(爆)

最後は打吹公園の羽衣池で紅葉を愛でつつ願掛けもしてお散歩終了です。

Ncm_0361

夜は今回3回目となるブランナールみささで温泉に入り、帰宅後母、T子三人で酒盛りとなり、
倉吉最後の夜が更けたのでした。

/ふうちん

西)出雲~鳥取の旅 その5

11月11日(日)、三日目です。

出雲大社、鳥取砂丘と行ったら実はもう目玉の観光となるものはない(コラ)

で、同行のT子が持つガイドブックから完全に地元の三徳山(みとくさん)に行くことにしました。
この日は朝から雨で、境港に住む母の友人からは「すごい雨だよ」と連絡があったくらい。

母に「大丈夫なの?」と心配されながら三徳山 三佛寺に到着。
駐車場から歩いているときは確かに風が強くて雨もほどほどだったけど、なんということでしょう(ビフォーアフター調)
境内に入ってからは雨はほとんど止んだのでした!(えっへん)

T子は入ってすぐに御朱印をゲット。今回の旅行で久しぶりに増えたらしいです。

十二支のお地蔵さんが可愛らしい♪

Ncm_0324

本堂よりまだ1段ってところにある水琴窟。音は小さいけど綺麗でした。

Ncm_0325_2

あ、くんと、うん、くん。

Ncm_0327_2

Ncm_0326_2

そして本堂

Ncm_0330

地元過ぎて、本堂まであがったのはたぶん約40年ぶり。
気持ちの良いお寺でした。
宝物殿でのお宝たちも楽しかったです♪

今度来るときはちゃんと装備して投入堂を目指さないといけません。

お昼はいつものブランナールみささでお風呂に入ってからランチバイキング。
午後はT子は高校の同級生と、私は大学~最初の会社で一緒だった同級生に会うために別々に行動。

最終日だった国際まんが博の米子会場で谷口ジローさんの代表作「遥かな町へ」を一気読みしてから米子駅に向かい、5時間以上喋ってからカラオケに行って楽しんだのでありました(笑)

/ふうちん

ようやくブログに画像を挿入w

ずっと前からココログの機能にあったはずなのにね^^;

出雲~鳥取の旅のその1から順に画像を埋め込みました。
センスのなさはお許しください。

ま、気学のブログなので

/ふうちん

西)出雲~鳥取の旅 その4

さて、山陰地方二日目からは鳥取ディスカバリーです。
11月10日(土)は母も連れて三人で車で出かけました。

鳥取といえば!
砂丘です。
砂丘しかないです、はい。

2006年から時期限定で公開されていた砂の像の展示イベントが好評だったらしく、2012年4月に展示設備が整備されて美術館として常設されたのが砂の美術館です。
現在は第五期展示でテーマ 〔砂で世界旅行・イギリス ~語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り~〕が2013年1月6日(日)まで展示されています。

思いがけず楽しいです!
つい撮ってしまった猿の像。

Ncm_0279

韓国からの団体さんがいて、ここはドコ?感覚に陥ったけどけっこう見応えがありました。

野外では作りかけの砂像の作業が見られますし、展示室の上から全体を見渡すのもいいですね。

Ncm_0285

その後お約束のように砂丘の馬の背まで登って息が切れたりして^^;

Ncm_0300_2

母がらっきょうの花が咲いているという話をラジオで聞いていたのでラッキョウ畑を見に行ったり。
奥の方でうっすらと紫がかっているのがらっきょうの花です。

Ncm_0302

お昼は今年友人に紹介され、このブログでも何度かお知らせした「彩席 ゆかし」でゆかし弁当を頂いて満足♪

Ncm_0307

私が学生だったころと違ってパイパスがかなり整備されたのをいいことに、ランチ後はいきなり大山寺を目指しちゃいました。
とはいえ、土曜日だしスタートが遅かったし、ルートをミスったし、で参道に辿りついたのが午後4時前じゃお寺には間に合いません。
単なる大山ドライブとなりましたが紅葉はばっちりでした!あ、あまりいい写真がなかった…。

Ncm_0318

けっこう寒かったです、はい。

Mont-bellの大山店を冷やかして、参道手前にある豪円茶屋でお茶といいつつ、私はおでんを食して二日目は終了です。

当然夜は母を含めて、時々小言を言う母をT子におしつけたりしつつ、夜は更けるのでありました(笑)

/ふうちん

西)出雲~鳥取の旅 宿泊先(実家)のこと

今回の旅の宿は私の実家です。

出雲市駅から鈍行では2時間半^^;

方位を使う場合に実家はカウントしないという流派もありますが、私は実家を離れて30数年。
しかも今の家は私が大学生の時に建てて引越しているのでまったく縁のない家屋となっています。

この場合、やはり良い時に帰らないと!
ということで、今年の2月節から次元層取りとして使ったものの、途中で切れたので今回は年月日まで
合わせて、生徒でもあるT子と一緒に寝泊まりしたのでした。

生家であったりしょっちゅう帰っている人は気にしなくていいですよ。

今回11月節で帰ったので、10数年ぶりに今年は年越しを実家で迎えることができます。

/ふうちん

西)出雲~鳥取の旅 その3

出雲大社の敷地内はどこも気持ち良かったですね。

いろんなオブジェがあり、境内の寄付金で賄われたものたちに刻まれている金額に時代を感じます。
「幸魂 奇魂(さきみたま くしみたま)」の像はちょっと面白いし、神牛、神馬の像も暖かく迎えてくれました。
(二人ともかわいかった♪)

Ncm_0247
Ncm_0248

神楽殿ではお着物の方々の受付があり、最近着付けを習っている私としては偶然になんとなく嬉しくなったりして♪
大注連縄にお賽銭は投げませんでした。

再度大鳥居に戻ってからは、やはりお昼は出雲そばだし、神々が上がったとされる稲佐の浜に行かなくちゃということで、観光案内でもらったクーポンで「そば処 おくに」で縁結びセット(三種そば)とサービスのそばアイスをいただき、稲佐の浜では気持ちいい風に吹かれて贅沢な時間を過ごしました。

Ncm_0255
Ncm_0257

浜から戻って14時前だったので神話博しまね(11/11で終了)に行くとちょうど石見神楽が始まるところ!
演目は八岐大蛇(やまたのおろち)です。なんてタイミングでしょう。
席に座れなかったもののダイナミックな神楽を堪能できました。

立ちっぱなしだったのと、さすがに2回目のお蕎麦は無理ってことで坂の下カフェでお茶。

あ、ちなみにおくにでも坂の下カフェでもスマフォを充電させてもらいました。
ありがとうございました。

結局、出雲大社周辺の滞在時間は6時間を超え、出雲大社前駅がかわいいなぁとかトイレの綺麗さに嬉しくなったりして。
充実した初日となりました♪

/ふうちん

西)出雲~鳥取の旅 その2

11月9日(金)の朝9時58分にサンライズ出雲が出雲市駅に到着。

夜中まで飲んでいたのにしっかりと朝からおいしいサンドイッチをいただいていたのでお腹は空いてません。
出雲大社だけで満足するであろうと思い、さっさと荷物をコインロッカーに預けます。

バスだと時間が読めないかなぁと一畑電車の電鉄出雲市駅から乗車して川跡駅で乗り換えます。
電鉄出雲市駅では先日ミュージカルで出演したT先生が乗っていてびっくり。
偶然ってあるものですね!

出雲大社前駅に着く前に出雲市駅でゲットした観光案内に従って一番目の鳥居(大鳥居)に向かいます。
ちゃんとお辞儀してくぐって。
ま、気は心って感じでしょうか。
スタンプラリーに参加するなら先に場所を押さえておきましょう(笑)

ちなみに予報は雨でしたが、晴れました!
とてもいい気候で歩くのにまったく苦になりません。

Ncm_0244

社務所横の二番目の鳥居から境内へ。
境内ではずっと気持のよい空気を感じます。
同行のT子も「神様がうようよしている」と言ってました。
なんといっても神事はまだとはいえ、すでにそれぞれの国の神様はお留守ですからねぇ(笑)

Ncm_0245

出雲大社の御仮殿でご挨拶。
三女が良い大学とご縁がありますように、を始めいろいろと。
叶ったら来年にもまたお参りしなくてはなりませんね。

来年には新しい本殿が完成し、本殿遷座祭が予定されています。
7月節に来たいなぁと思いました。

つづく

/ふうちん


西)出雲~鳥取の旅 その1

行ってきました!

当初はやはり10月節だよね、と日程を決めていたものの諸事情により、断念。
その代わり、10月節最初の西を取れる日には、9回目の石和から足を伸ばして、行きたかったワイナリーで試飲&ランチからフルボトルを空けて美味しい食事を楽しみました♪

で、今回は11/8の夜10時に東京を出発。
1ヶ月以上前から予約して、無事に予約できたサンライズ出雲ののびのび座席で旅はスタートしました。

夜9時半まで、隣の神田でバイトしていたという、ぎりぎりの予定でしたが、神様が助けてくれていたのか、前日初日とは思えないほど、忙しかったバイトがかなーり暇で、21:42には東京駅に着きました。
翌日の朝食は同行した同い年のT子にお任せ。
ホームで落ち合って写真を撮って。

Ncm_0237

それから急いでアルコールとおつまみをゲットしに行ったのでした。

夜行の特急で、進行方向に対して横にウナギの寝床のように区切られたカーペット座席ですが、読書灯もあるし、快適です。
サンライズの設備は↓がわかりやすく解説されています。
http://www62.tok2.com/home/tsubame787/seat_285.html

途中ネットゲームのコミュニティーで重大発表があったり、電波が悪いというのに何度も方位を聞いてくるクライアントさんもいて、なかなか忙しい夜でした(^_^;

/ふうちん

バイトに足入れ

西は9回目まで終わっています。
10月は鑑定依頼がコンスタントに来たけど、三女の受験費用を捻出すべくバイトを始めることにしました。

10月節に年月日まで良い時に面接に行った職場から徒歩10分のところのバイト。
30分もかからずに即採用だったのは良かったのですが。

本部の登録に時間がかかり、その後制服も遅れて雇用契約を交わした3週間後の明後日7日からようやく正式にバイトスタートです。

でも11/7ってすでに11月節になっちゃうから的殺になってしまいます。

なので本日のランチはバイト先に足入れの意味を持たせてそのバイト先で同僚からの依頼を受けながら食べてきま~すnote

/ふうちん

« October 2012 | Main | December 2012 »