May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 一応鳥取を宣伝してみる(笑)パート2 | Main | 移転後の作用 現在11日目 »

鳥取県アンテナショップ@新橋のご紹介

続けて宣伝します^^

昨日、5周年を迎えた「食のみやこ鳥取プラザ」に行きました。

ここのオーナーが高校の同級生と知ったのは今年の1月2日の同窓会(爆)
5年前ということは一白水気中宮なので、早生れで一白さんの社長が開店できたのって納得です。
JR新橋駅の銀座口から徒歩1分。
銀座線の2番出口からならすぐです。
昨日の朝は賑やかだった様子。

5

食事は鳥取の食材を堪能できました。
(ごめんなさい、写真は一部のみ)
201308291201308292

代わりに転載の許可をいただいた文章と写真を掲載しますね。
この方の文章を読んでいたので、昨夜の食事も特段に美味しく感じられました♪

---Rei Iwaseさんからのご紹介(2013/8/22初掲)---
鳥取の新鮮な素材をお料理にしてくれるレストラン、
「トットリーネ」さんのお箸です。
お料理はもちろん!でも私は、このお箸になぜかトキメキました。
丁寧な姿勢なんだなあって思ったのです。

まず、文字並びの感じと焼印の感じがよかった。
ひょっとして…と聞いてみると案の定。
智頭の杉の廃材を利用した割り箸なのです。

鳥取県の智頭というところは、杉の名産地です。
銘木がたくさん出ていて、ずいぶん前、お仕事で出会った
宮大工の方が、鳥取の智頭の杉はいい、と褒めてくださったのを
思い出します。
名前は出せませんが、日本が誇る神社仏閣の改築などにも
智頭の杉がお役に立っていると聞きます。

たかが割り箸、と思うなかれ。
人が持つのにちょうどよい軽さ、長さ。
使い勝手がとても良いのです。
(割り箸を)作り立てホヤホヤだったら、プーンと木の香りが
するだろうなあ~と想像します。

鳥取県のアンテナショップは新橋にあって、そのショップの2Fに
「トットリーネ」はあります。毎日のように、鳥取県産の旬の食材が
東京に届いて、美味しいお料理になっているのです。
もしも、お友達の皆さんが鳥取にお越しのときには、もちろん鳥取の
あちらこちらをご案内したいです。
でも、鳥取の旬を東京で…となると、まずはやっぱりトットリーネかなあ…。
(鳥取のスパークリングワインがとっても美味しいそうです!)

でも、今回は、割り箸に感動しちゃったのでした!
だってね、割り箸まで made in 鳥取 という姿勢が嬉しくて!
同じく、智頭で窯をもっていらっしゃる陶芸家の美藤さんの器を
お借りして、撮りました。 
写真を撮りたいために、もう一度(お箸を)手に取りたいために、
社長の名越さん(なごしさん)に、割り箸分けて~と懇願。
超多忙の社長なのに、わざわざ取り寄せて、ニッコリ、
分けてくださったのでした。 ありがとうございます!

決して頼まれて書いているのではありません。
アンテナショップも、トットリーネも素敵なお店です。
どうぞ、旬の鳥取を、楽しんでみてくださいませ (^O^)/

撮影協力:COCOROSTORE(倉吉市)
     陶芸家:美藤康夫さん(風之窯@智頭町)
     名越社長さん トットリーネ、ホテルセントパレス倉吉

Photo_4

/ふうちん

※こちらのレストランは2013年の12月に閉店しました。そしてショップも2014年8月27日にクローズ。
とっとり・おかやま 新橋館 2014/9/28オープン♪

« 一応鳥取を宣伝してみる(笑)パート2 | Main | 移転後の作用 現在11日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27930/58093518

Listed below are links to weblogs that reference 鳥取県アンテナショップ@新橋のご紹介:

« 一応鳥取を宣伝してみる(笑)パート2 | Main | 移転後の作用 現在11日目 »