November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 小児殺は使いません | Main

2019/11/08 02:24 立冬 11月節(二黒土気中宮・乙亥月)

立冬:冬の気配が感じられる

11月に入ってさすがに寒くなってきましたね。10月21日からの土用期間もありましたが、皆さん体調はいかがですか?
暦の上では冬に入ります。今年度も残り3ヶ月ですね!
※2020年の暦できてます。1冊1,000円、送料180円です♪

2019年11月節(~ 12/7 19:18 大雪)に取れる祐気(ゆうき:良い)方位は
一白水性:南、北無制限、西4km以内
二黒土性:東無制限、南、北40km以内
三碧木性:西無制限、東40km以内
四緑木性:乾無制限
五黄土性:東無制限、南、北40km以内
六白金性:なし
七赤金性:なし
八白土性:東無制限、南、北40km以内
九紫火性:乾4km以内
※南北は同時に方位取りすると問題がありますので、どちらか片方にお出かけください。
どちらかを3ヶ月以上前から続けて取っている人は反対の方位も使えます。
注:艮(うしとら:北東)、巽(たつみ:南東)、坤(ひつじさる:南西)、乾(いぬい:北西)

 

ご自宅からの方位はあちこち方位でご確認ください。
スマホ版のあちこち方位はこちら
あちこち方位の使い方はこちら
※あちこち方位ですが、Googleの使用料の関係でスマホで使えなくなってしまっています。

 

日も二黒土気中宮になるのは陰遁のみの暦では 11/13(水・甲寅)、11/22(金・癸亥)、12/1(日・壬申)です。
また上記の日に時間も二黒土気中宮になるのは午前 9 時~午前 11 時(巳時)です。
他の日時はお問合せください。

 

方位の使い方はこちら。お散歩、旅行などの方法が書いてあります。

 

今月は五黄の艮、暗剣殺の坤、破れの巽はどなたも使えません。
それらの方位に行かないといけない場合はなるべく短期間で御用をお済ませください。
東は発展、西は金運、南は名誉、北は愛情。
他にもいろいろ意味合いがあります。
8つの方位それぞれが大事なので、目的に応じて使い分けてください。

 

11月節もセミナーの設定はございませんが、個別にお問い合わせください。
藤沢での鑑定会は11月17日(日)で、場所は藤沢本町 紅太陽です。
鳥取県倉吉市での第8回の鑑定会@とっとり かりゆしの日程は来年の予定です。
イベントでは30分3,000円でのプチ鑑定となります。
お気軽にご参加くださいね♪
また、イベントにもお気軽にお呼びください。

 

初級講座、その他気学を勉強してみたいという方、三回で完結する手帳(暦)の読み方講座(受講料:36,000円)をご希望の方は鑑定予約可能の日程(PCのみ)をご確認の上、ご連絡ください。

 

今月は二黒土気中宮で、やはり労働問題ですかね。
予定していた変革(法案)が先延ばしになりそうです。(大学入試の英語検定の問題ではなく)
あと、地道に研究してたことなど注目されそうです♪
二黒土気暗剣殺に同会し、八白土気暗剣殺に被同会するのは五黄さんです。
問題の洗い出しはじっくりやりましょう。急ぐと困ったことになります。
5~7年前の艮が取れている方は問題ありません。
五黄さんは、二黒さん、八白さんと同じく今月無制限の東と40㎞以内の南と北が取れるので、南か北はどちらか必要に応じて、東は何もなくても無理やりにでもお出かけして方位取りしてみてくださいね!
五黄に同会するのは八白さんで、自身も暗剣殺を背負います。以下五黄さんと同じw
ぜひご自宅から地図を右にスクロールして、なるべく遠いところへお出かけくださいね!!
被同会は二黒なので後半はいいですよ♪

 

それぞれ取れる方位は取ってください!!

 

無制限の方位が取れる二黒さん、三碧さん、四緑さん、五黄さん、八白さんはとにかく遠くへGO!
近場のお散歩も日常を助けてくれるのでぜひぜひ♪
40km以内も毎月の宿泊に利用可能です。
方位のない六白さん、七赤さんは前月までに取っていた方位を継続してお使いください。12月は行ける方位があるのでお楽しみに!

満月は11/12(火)の22:34です。
新月は11/27(月)の00:06(旧暦11月1日)

 

方位で運気を上げて楽しく過ごしましょう

 

/ふうちん お散歩指導(気学鑑定(方位開運)、家相(風水)、姓名判断、紫微斗数)

« 小児殺は使いません | Main

方位採り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 小児殺は使いません | Main